妊活中の不安や不満!こう考えたら、良くなった!4つのこと!

Pocket

不妊治療中や妊活中は

マイナス思考に偏りがちな人が多いようです。

あなたはどうですか?

 

例えば

・年齢が気になる

・家族や親族の目が気になる

・欲しいけどどうにもならない

・もうできないのかもしえないって考えることがある

・「まだ作らないの?」の声が強い

 

そんな気持ちがぽきっと折れそうな時に考えると

よくなる気持ちに良いこと5つ書きます。

 

 

言葉を変えてみる

ネガティブだった言葉を

ポジティブな言葉に変えて気持ちアップ!

 

「もう40歳だから。」ではなく

「まだ40歳だから大丈夫!」

言い方を変えると感じ方もかわります!

 

「今日も疲れた!」より

「今日も無事に終わって良かった!」

少しだけハッピーな言葉に変えるのも良いですね!

 

いつも心を幸せにしてハッピーを手に入れましょう!

 

脳をだます!

自分に暗示をかけてやることで

脳も勘違いしてその状況を作ってくれます。

 

「体内は20代だ」

と疑いもせず信じていれば、体も蘇ってきますよ!

 

「もう歳だから」

っていう言葉で、老化は進行しますからね!

 

運命だからあきらめるしかないという

間違った思い込みは捨てることが大切です!

 

人間の肉体が劣化するのは、

実は過去からそれがあたりまえだと

思い込んで来たからです。

 

フランスの外科医で

ノーベル賞を受賞したアレクシス・カレルは、

細胞が永遠に生きられることを実験で証明しています。

 

細胞が劣化しなければならない理由は

何もないということが実証されているんですよね。

 

不思議でしょ〜。

 

そういえば、綺麗な人に、

脳内が若いなって思う人いませんか?

 

きっと考え方ひとつなんです!

あなたもうまく脳をだましましょうね!

 

自分のことは自分で決める

あなたが自分で決めたことにより、

不調がおこること、ありますよね?

 

たとえば

「私、鬱かもしれない」

って思うと、人間鬱っぽくなる傾向にあるそうです。

 

だから、あなたは自分のこと病気だと考えないでください!

 

不妊を病気だと思っていたら、

それはあなたの病気になりえますよね?

 

自分がなりたい体や気持ちは、

そのものだと信じて自分で決めましょう!

注力を注ぐところを間違えない!

インターネットでネガティブなニュースを検索したり

同じ状況の人のブログを読みあさったりしても、

あなたの気持ちは、そのネガティブに同化していくばかりです!

 

今はとにかくそういうことをシャットダウン!

自分がポジティブになれることや

趣味だけに集中してみては?

 

注力を注ぐ場所の願いを

引き寄せるとききますから、

幸せに焦点を合わせてすすみたいですね!

 

いかがでしたか?

結局、ネガティブな思い込みさえしなければ

案外、なりたい自分になれるのかもしれませんね!

 

周りの影響も気持ち的には辛いですが、

いつも健全な気持ちで幸せを引き寄せてみてはどうでしょうか?


関連記事

Pocket